プロミスの審査に落ちたのかについて

普段何気なく使っているクレジットカードには「ショッピング枠」、「プロミスのキャッシング枠」、「利用限度額」といった3つの種類が存在します。 使用可能な金額の上限範囲内には「ショッピング枠」と「プロミスのキャッシング枠」が適用されるようですが、私が使うとなったら、何かを購入した時の支払時にしか使ったことがありませんし、そもそもあまり使いません。 プロミスのキャッシングする時はどのようにすれば利用可能になるのでしょうか。 定かではないので急に現金が足りなくなった場合のために知識として知っておきたいです。無職であれば絶対にプロミスのキャッシングは利用できないと思っている方も多いでしょう。 しかし、一概にそうとも言えない場合があります。 無職とは一般的に給与所得がないわけですが、配偶者に職があれば銀行系のプロミスのキャッシングなら審査をパスできると思います。 しかし、パートナーに安定収入があることは絶対条件です。それに、借入限度額も会社員の場合と比較すると低くなるでしょう。 なお、配偶者が所有するクレジットカードの家族カードを発行してもらうと、プロミスのキャッシング枠で現金を手に入れることができるでしょう。 もう一つ、無職であってもお金が借りられる可能性があるのは年金受給者です。年金という安定した所得がある場合は業者によってはプロミスのキャッシング可能な場合があります。 キャッシングは、手軽に利用できるといっても、ニートでも利用出来るというほどまでには甘くありません。 ニートは仕事をしていないので、収入がなく、プロミスのキャッシングができる条件をクリアしていません。 収入がある人でなければならないので、ニートはプロミスのキャッシングで借金ができる人ではないということになります。 「名義貸し」はカードローンの契約に際しての禁止事項に該当します。 契約する人の名義で契約をすることが求められます。 これは仮に夫の稼ぎをあてに無収入の妻が契約を行う場合でにも当てはまり、妻自身の名義で契約を行うことになります。 ローンの返済は名義人となった本人の責任のもとで行うことになります。 名義を貸す側と借りる側が家族の間柄であっても、名義人を本人とは別人の名前にして借入契約をすると法に違反することになります。もし、承諾していた場合には、「名義貸し」の行為自体も法に触れる行為です。
プロミスの審査に落ちた場合は? | プロミス即日審査【スマホ対応】