カジノ法案によって日本株の値動きも変わってくるでしょう

日本でも、カジノ法案の動きが激しくなった時には、パチンコ業者や観光業者などの銘柄も、株式市場でも昨年は大きく動いた時がありました。
アベノミクスで、いろいろな政策もあり、この法案も成立するのではないかとの憶測があったからです。
まず、このギャンブルを全面解禁するケースと、特別立法や地域限定で行うかで、難易度が大きく違ってきます。
まず、この法案は成立するまで難易度が高く、ほかの公営ギャンブルなどの族議員や、教育関連の議員などの反対もも多くあります。
しかし賛成派には、パチンコ業者や地域活性化や観光関連の運動が根強くあります。
根本的に、ギャンブルが法律で禁止しているため、日本では公営団体などが仕切って行うケースが多くあり、パチンコのようなギャンブルは、かなり特殊ともいえ、どのような方式で行うかの法律的な裏付けも、はっきりしないところです。
外国人向けの施設で、本当に相乗効果があるのかも、見極めないといけません。
カジノ法案が通れば、関連株が急騰することは間違いないのですが、かなり不透明感が強いです。