共同購入クーポン比較ナビ

共同購入クーポンってすごい!!

あなたは、共同購入クーポンを利用したことがありますか?ある特定の購入者が集まると、50〜90%もの大幅な割引を行ってくれるクーポンです。そんなクーポンを取り扱っているサイトは現在では100サイト以上あるって言われているんですよ!!こんなに多いとどこがいいのか分からなくなりそうですが、そんな時はクーポンサイトをまとめてあるサイトなどでチェックすると、どこが人気なのか調べることが出来ますよ!!

ポンパレ

■リクルートが運営、全国をカバー。バラエティ豊かなクーポンを提供
リクルートが運営している共同購入クーポンサイト。同様にリクルートが提供している「じゃらん」や「ケイコとマナブ」などのサービスとも連携しているため、クーポンの数も充実していて日本最大級の共同購入クーポンサイトです。また、ポンパレでは、「新しい体験、プチ贅沢」をテーマにしたクーポンを取りそろえているため、普段はちょっと無理な、少しリッチな体験が出来るクーポンが見つかるかもしれません。

                                                               

KAUPON(カウポン)

■東京エリアのクーポンを探すならココ!
東京エリアのクーポンが充実している共同購入クーポンサイトです。売り上げランキング、新着チケットから探せたり、エリアやカテゴリを選択して絞り込んでクーポンを見つけることが出来ます。また、「本日のタイムセール」という今だけのお得なタイムセールチケットもあります。PC・スマートフォン・モバイルに対応しているので、いつでもどこでも好きな時にチェックすることが可能です。さらにFacebookアカウントが使えるので仲間と一緒に購入することもできます。

Piku(ピク)

■日本初の日替わりクーポンサイト
日本初の日替わりクーポンサイトです。扱っているクーポンも日本全国に対応しています。また、食事券や商品券の中には最大で6ヵ月間の有効期限のものがあるのも嬉しいところです。お気に入りのエリアのお知らせメールに登録しておくと、Piku割やその他のお得な情報を逃さずキャッチすることも出来ます。ピクっとするようなどこよりもお得な割引クーポンをゲットしてください!

グルーポン

■共同購入クーポンのシステムを初めて開発した会社
2008年にアメリカで誕生し、日本には2010年に進出してきました。共同購入クーポンサイトシステムを開発した会社だけあってクーポンの品揃えとしては最多です。また支払いに関しても、クレジットの他、Yahooや楽天での支払いも出来るのでポイントが付きますし、クレジットカードの情報を余分に提示しなくて済むので安心でしょう。検索に関しても、エリアやカテゴリから探せるのはもちろん、地図からも探せるので便利です。

 

共同購入クーポンとは?

巷で話題の『共同購入クーポン』。
「飲食代金60%オフ」といった大幅割引のクーポン券をサイト上で提示、3日〜24時間以内などの制限時間内に購入希望者が一定数以上に達したら、値引きが成立するというのが基本システムです。

 

クーポンというのは、【割引券】のことで、今までもタウン情報誌や関連サイトなどで、プリントアウトしたり携帯で提示することで、5%や10%の割引が受けられるサービスはありましたが、共同購入クーポンは50%オフ平均、90%という超大幅割引もあるという割引率の大きさが魅力となっています。

 

大幅割引を可能にしているのが、
・一定の利用者を確保できる。
・ネット決済で前払いなのでリスクが少ない。
という店側のメリットです。

 

利用者も不成立の場合は、支払いは生じないのでお互いにリスクはありません。
お店サイドとしては、高い広告・宣伝費を払う必要がなく、確実に集客が見込めるので、その分を割引に反映させたり、サービスの充実に回せるのもメリットとなっています。

 

ホテルや旅館など、シーズン変動等で空き室が出てしまう業種だと、大幅割引してでも販売できることで、いくらかでも利益が出るので、高級ホテルや老舗旅館も次々と出品。それがまたユーザーにとっての魅力になっていく、相互メリットの高いシステムなのです。

 

ジャンルもグルメや、美容・健康関係、レジャーやリゾート、アミューズメントから学習関係など、幅広く網羅されていて、いずれも大幅コストダウンで利用できるので、共同購入クーポンのリピーターも続出しています。

 


共同購入クーポンサイトって?

「半額は当たり前、70%、80%オフ連発」といった超大幅割引で、さまざまなサービスが受けられることで、人気爆発中の共同購入クーポンサイト。

 

外資系や、ネット通販系、旅行会社系など、さまざまな大手企業の参入から、特色のある中小サイトの登場など、今一番ホットなトレンドとなっています。

 

共同購入のシステムを用いたサイトは世界でも流行しており、米国では創業2年で売り上げ300億円超、利益40億円、会員数は300万人という大手サイトも登場。日本でも2010年の4月に最初の共同購入クーポンサイトが登場、以来多くのサイトがオープンし、今では130以上のサイトが活動しています。

 

通常のクーポンサイトでは、クーポンはあくまでおまけ的な意味合いでしたが、共同購入クーポンサイトでは、「通常サービスの定価の半額以下」が基本になっているうえ、ジャンルも多岐にわたり、エステや旅行など、高額なサービスも大幅割引で利用できるので、「よりやすく利用したい」という価格重視派と「どうせお金を出すなら、よりいいサービスをうけたい」という質重視派の両方のニーズに合致し、大人気となっているのです。

 

共同購入クーポンサイトの爆発的人気の背景としては、
・ネット通販やお取り寄せなどで、ネットショッピング慣れした消費者が増加した。
・すべてネット決済の共同購入クーポンサイトですが、そうしたネットでの取引への抵抗感が薄らいだ。
という大きな二つの理由があるからでしょう。

 

「毎日チェックする」「クーポンにあわせてスケジュールを立てる」といったユーザーも増え、口コミもあって、新しい消費スタイルとして生活に定着していきそうです。